HOME>オススメ情報>現代の結婚事情について、その理由や特徴を考える

大都会での結婚事情

赤い糸

少子高齢化が進む日本において、大都会東京における結婚事情はどのようになっているのか考えてみる。日本では東京に1200万人以上が住むと言われ、世界一の大都会と言われている。それは逆に言えば、出会いの機会が最も多い場所ということもできる。そのせいか、東京での結婚相談所人気は非常に高い。そのため日本の少子高齢化は主に過疎地域で起きているのだと、すぐに気づく。さらに、東京での結婚相談所が人気な理由は他にもある。給与や時給が全都道府県中で最も大きいので、結婚しても生活を十分に維持できるためだ。結婚について、出会いとお金が必要だということに、つくづく考えさせられる。

大都会での結婚の特徴

乾杯

現代では非正規社員が労働者の4割を占めると言われており、格差社会ともされる。しかし、東京の結婚事情については。そんなことは全く関係ない。非正規社員であっても、相手がいれば結婚しているというのが特徴である。そのため、東京の結婚相談所はいつも活況だ。人数が多い分、自分と本当に合う人間を見つけやすいし、非正規の人も多いので、非正規同士での結婚も多いという特徴もある。政府もこのような人々をバックアップしていけば、少子高齢化もなんのそのである。

やはり大都会は有利か

プロポーズ

結論から言うと、やはり大都会は有利である。東京の結婚相談所が活況なことこそが、それを裏付けている。カップルによっては、東京で出会い結婚し、その後、田舎に引っ越すという例も多い。東京では生活費が多くかかるという側面もあるため、実に賢明な判断と言える。田舎に行って環境が変わったとしても、愛する相手がいれば頑張ることができる。これからの日本の結婚事情は、このような人達をサポートし応援するスタイルが必要だと痛感する。

広告募集中